ワキの埋もれ毛について

埋もれ毛になってしまう原因

自分でムダ毛処理をする時に使う、カミソリや毛抜きを使った場合にできてしまいます。その原因として、無理な自己処理で肌の角質が厚くなってしまい毛穴の黒ずみの原因にもなってしまいます。

なるべく空けたいムダ毛のお手入れ間隔

埋もれ毛とは埋没毛とも呼ばれ、皮膚の中に毛が埋もれてしまう状態です。埋もれてしまった毛は、皮膚の中で成長をしてしまったり、肌の内側に毛が見えているが、肌の上からは処理ができないために処理をするのがとても難しく、肌を傷つけてしまう原因にもなってしまいます。ムダ毛による自己処理で新たに起こるトラブルになってしまい、ワキのムダ毛処理は簡単でも気をつけて処理をすることで、色素沈着や埋もれ毛などもなく綺麗に仕上げる事でストレスなく処理ができます。カミソリでワキのムダ毛を処理する事で、簡単にできますが何度もワキの箇所を剃ってしまう事で、肌にダメージを与えてしまい色素沈着の原因になってしまいます。

ワキのムダ毛が綺麗になる方法

毛抜きを使ったワキの処理では、1本1本ムダ毛を抜いていくには時間がかかってしまい、埋もれ毛の原因にもなります。肌にダメージを与えずに、短時間で施術できて埋もれ毛や色素沈着もなく脱毛できるクリニックやサロンがオススメです。